不眠症には、お風呂に入るのがいいと言われていますがいったいなぜなのでしょうか。人が眠りにつく時には、深部体温が下がります。睡眠時に深部温度が下がるのは、代謝を下げてエネルギーを保存や、脳のクールダウンのためです。日中では深部体温は上昇し、夜間になると自然になるリズムをもともともっていますが、入浴には深部体温のリズムを助ける役割があります。深部体温が上昇すると元に戻そうとするようになっているのですが、この時、表面温度は逆に上昇していて、深部温度を下げるために、表面から放熱するようなことを行っています。それによって、深部体温が下がることになれば、ちょうど寝る前のような状況になりますから、入浴による深部体温の上昇は眠りにつく前の深部体温の下降をスムーズにし、寝つきがよくなるというようになっているのです。このようにしてお風呂は睡眠を促す作用があるといわれているため。不眠対策につながるというのであります。

関連ページ