クレジットカード現金化!違法・高金利なものに注意しよう!【安全に借りる方法】

現金をあまり持ち合わせてない時クレジットカードがあればとても便利です。

カードを発行してくれるクレジット会社は沢山ありますのでどのクレジットを申し込もうか決めずらい人もいると思います。

しかし、決めずらい時はカードの良し悪しを比較してみるのも一つの方法です。

カードを比較するにはネットから各カードの比較サイトなど参考にしてください。

万が一の時に持っていると安心なクレジットカードはカード会社が多数存在するのでカードをどの会社の物にしようか迷うという方も多いでしょう。

どこの会社で作るか迷っている時のクレジットカードの選び方は各カードの年会費や金利などを見比べてみる事です。

年会費がかかるのが嫌だという場合年会費は無料というクレジットカードを。

クレジットカードでキャッシングをする予定の人は低金利のカードがお勧めです。

クレジットカードはショッピングの支払を立て替えてくれるのでレジで手間取ることもなく、簡単に精算することができます。

手数料が運営会社の大きな収入源なのですがこれは利用者が支払うものと店舗側が支払う加盟料というように両者から徴収されます。

支払う金額の割合は加盟店の営業内容によって差がありバーやクラブなどの飲食店は2番目に高い率の業種で4%から7%に設定されています。

3回以上のショッピングローンにすると利用者も支払わなければなりませんので自動引き落としの際に金利と合わせて指定口座から落とされます。

運営会社は1回や2回の支払回数については利用者への料金を発生させていないのでお店が加算してきた場合は規約違反なので支払う必要はありません。

不景気を抜け出すのはまだ先の事なので日々の節約を工夫しながら自分でする必要がありますね。

そんな節約の毎日に使って頂きたいのが、現金レスでも買い物できる1枚です。

支払いの時に使うとポイントが付きます。

蓄積されたポイントで様々な商品と交換する事が出来ます。

ポイントを効率的に貯めるにはポイントの還元が良いものを使って支払いはその1枚にするのが効果的です。

キャッシュレスで食事やショッピングができるので支払いが手軽で便利になるカードがありますね。

利用した金額によってポイントが貯まったりイベント開催時には数倍になることもあります。

支払時に提示してサインするだけの簡単な使い方なのですが、本人名義の物でなければいけません。

1ヶ月分の買い物で立て替えられた利用代金は入会契約時に指定した銀行口座から自動で引き落とされます。

支払回数を変更したい場合は後から変更できる方法も増えてきています。

持っていると便利なクレジットカードの審査は数あるローンの審査の中で比べると比較的通りやすい事が多くたいていのクレジットカード会社がインターネットから24時間365日申し込みが出来ます。

ローンに関するトラブル等が過去に無ければそんなに難しい申し込みではなく、比較的簡単な方法で短い審査時間で終わる場合が多く審査に合格すれば約1週間程度でカードが本人宛に届きます。

日本では数多くのクレジットカードが存在しており日常生活に浸透していますが大半は国際ブランドのマークが印刷されています。

参考:クレジットカード現金化!違法・高金利注意【安全でお得に借りる方法】

入手が困難なDinersClibもありますがVISAやMasterCard、JCBは一般人でも手軽に持つことができ基本的には世界中で使うことができるアイテムです。

国内ではVISAがクォリティの高いイメージがあり、知名度が高く信頼性も抜群だと思います。

MasterCardは加盟店が多いので利用者も多く国内ではほとんどの施設で利用できます。

JCBは国内で利用できない店はほとんどありませんが海外の普及率は伸び悩んでいるようです。

インターネットショッピングをするときに電子データーで支払い、現金を使わない方法をネット決済と言います。

いくつかの支払い方法がありますが、キャッシュレスカードの番号を打ち込んで送信する方法が一般的です。

買う側はコンビニやATMまで出かけて行かなくても済むので時間を気にせずショッピングができるメリットがあります。

販売店は、サイトに商品を掲載しておけば良く営業時間が関係なくなるので自由に作業ができます。

しかし、不特定多数が利用するインターネットは危険が多く不正入手したデーターで「なりすまし決済」に悪用されることもあります。

いざという時持っていると便利なのが現金がなくても支払可能な1枚です。

これはショッピング時の支払に利用できる他現金が引き出せる機能が付帯しているので現金が欲しいときに素速く対応できます。

作る方法は沢山ありますが、簡単な作成法はインターネットを介して申し込みをする方法です。

ネットからの申し込みは現在一般的な方法です。

ネットを介さない方法は提供会社から送られてくる書類に必要事項を記載し送り返す。

という郵送手段もあります。

キャッシュレスでも買い物できる1枚、その支払い方法には一括払いの他にも、支払方法に選択肢があります。

リボ払いは分割払いは別物で決められた金額を毎月その会社に支払う方法です。

支払い額が一定にできるので家計の管理が簡単になるのが特徴です。

ただ、この支払い方法には手数料がかかりますので毎回支払い方法に選ぶ事は避けた方が良いでしょう。

返済方法は計画的に行ってください。

接触型や非接触型などヴァリエーションが多い電子マネーですが我々が日常生活で使っている「おサイフケータイ」もそれにあたります。

残金に応じて自動でチャージしてくれるシステムもあり、飲み会やディナーの支払もその範囲で決済することができます。

レジでサインをする必要がないので素早く簡単にお会計が済ませられるため、連れの人を待たせる心配が要りません。

キャッシュレスなカードのように後から請求がくる場合はつい使いすぎが心配ですが、このシステムでは、ショッピング前に支払が完了しているので安心です。

又、債務不履行になる心配が無いため面倒な審査がありませんからパート主婦やアルバイト学生でも利用できるので便利ですね。

財布に入っていると重宝するクレジットカード。

クレジットカードは通常ショッピングの支払いに利用しますがそれ以外にキャッシング機能がついています。

キャッシングの使用方法はどのようにするのか?例をあげると、現金が必要な時にATMなどからカードを使って現金を引き出す事が出来ます。

ですが、現金を引き出した場合は必ず返さなくてはいけません。

返す時は利息も含まれるのでクレジットカードを作成する時は利息の事も考えて作ると良いでしょう。

クレジットカードは買い物の支払い時に現金で支払う必要がないので持っていると安心出来るカードです。

さらに、買い物時の支払いに限らず電気・ガス・水道の公共料金も支払いが可能です。

カードを使用してこれらの料金を支払うとポイントが知らない間に貯まっている事もあり目的がポイントで支払い方法をクレジットにする人もいらっしゃいます。

が、クレジット支払いを選択すると口座振替時とは違い月の割引が無くなる事があります。

一般カードのようにグレードが低くても多くのものは国内や海外で適用される旅行保険が付いています。

食中毒や急な歯痛などの治療や通院、不慮のケガなどの入院費用や死亡保障などに対応していてステータスが高いほど手厚い補償を受けることができ心強いですね。

どの会社でも国内よりは海外旅行の方が限度額が高額なのですがこの事は海外の方が医療費が高いのが原因で、アメリカでは、骨折で入院、レントゲン、手術で100万円もかかるという話があるくらいです。

ショッピング保険や携行品についての保険が付いていることも多く規定日数以内に申告しないと適用外になることがあります。

保険適用には自動付帯と利用付帯と2通りがありますが携帯しなくても所有していれば適用されるのが自動付帯、旅行における支払に使用した場合に適用されるのが利用付帯です。

クラッシックカードでは得られないステータスがゴールドには与えられていて通常よりも手厚い待遇を受けることができます。

昔は申し込み条件として、年収400万円以上、年齢は30歳以上など厳しい審査でしたが近年、ブラックカードなどの登場で、条件が緩くなってきました。

対象となる会員は数多くの特典を受けることができ、その中には空港のラウンジサービス、専用デスクの利用などがあります。

年間の会費無料なものもありますが、こちらは既存の会員の中から一定の利用条件を満たした人だけが企業側から「お誘い」を受けるシステムなので、自らの意思で申し込むことができません。

更に一定金額以上の利用で年会費が0円になるものもあり、シティカードジャパンのシティバンクダイナーズクラブカードでは年間30万円の決済で適用されます。