住宅ローンと年収、必要経費にご注意!

住宅ローンは年収によって借入限度額が審査されますね。

多くは、年収の25%程度としながらも、限度額が意外に高額になっていた場合、ガッツリ借りても台上なのでしょうか。

限度額に近い借り入れをしてしまった場合、返済と固定資産税やメンテナンスなどの必要経費を予算として考えてみましょう。

返済額が年収の25%といっても、年収450万円で毎年1,125,000万円返済に充てるとなると、単純に12ヶ月で割ると93,750円です。

これだけなら、家賃の分を回せば何とかなると考えてしまいますが、固定資産税が10万円前後(評価額×1.4%なので、評価額が2,000万円なら20万円を超えます。

)、設備や外壁、外構のメンテナンスを考えるとさらに数万円から10万円は年間の必要経費が上乗せになります。

余裕のある返済計画を考えましょう。